【スポンサーリンク】

はじめに
予兆
発症 
闘病日誌
処方された内服薬の記録
闘病費用の記録
突発性難聴関連リンク
達観したかのような一言
ネットで見つけた対策
あとがき
管理者プロフィール


【スポンサーリンク】

〜発   症〜

前へ 次へ

2007年5月16日(水)

めまいがあったその日から二日後のこと。その日の夜も、私はマッサージチェアに寝たまま寝入ってしまったのある。

二日前のめまいはおさまっていた。ただ単に一過性のめまいだったとしか思わず、ほとんど意識していなかったこともある。

ただ、マッサージチェアの「コロ」の部分がきつく当たらないように、首のところにクッションを挟んで寝た。

気づいたら、一時間ほどたっていた。

耳鳴りがした。

左耳から「キーン」と甲高い音が聞こえ、そして左耳には水泳の後、水が抜けないときのような違和感がある。

水がたまる理由がないので、どうすることもできず、深夜でもあり、きちんとベッドで寝なおすことで、めまいと同様治るものと思い込んだ。

きちんと寝た。

翌朝、左耳には耳鳴りと水のたまったような違和感が同じようにあった。

しかし一日もすれば、治るものとたかをくくっていたのだ。

この日の時点では聞こえにくいとはいうものの、耳鳴りが中心で「難聴」という意識もなかった。このときは「耳鳴り」や「めまい」というキーワードから「メニエール病」の疑いをもっていたということもある。

正確にこの日を「突発性難聴」の発症日といって正しいのかどうか、われながら疑問もあるが、何やらこれまでに経験したことのない病気にかかってしまった、という意識が強くわいたのでこの日を発症日だと思っている。